B型肝炎の給付金の額が患者さんの病状によっても異なってきます。本人あるいは本人が既に亡くなっている場合には、相続人が代理で給付金を受け取ることができます。死亡、肝臓ガン、重度の肝硬変の場合には3600万円が、軽度の肝硬変の場合には2500万円が、慢性のB型肝炎の場合には1250万円が支払われます。無症候性のキャリアの方も600万円が給付されます。発症後既に20年を経過した死亡・肝臓癌、肝硬変の患者さんに対しても支給されます。死亡、肝臓ガン、重度の肝硬変の場合には900万円が、軽度の肝硬変の場合には600万円が支払われます。

弁護士このように患者さんに対しての救済処置が決められているにも関わらず、実際に給付金を受給している方の割合は非常に低い数字となっているという現状があります。自分が給付対象者であるかどうかについて疑問があるような場合には、弁護士さんに相談してみるといいでしょう。弁護士に相談すると費用が掛かるのではないかと心配をする方も多いかと思いますが、多くの弁護士事務所では初回は無料で相談に乗ってもらえることが多くなっていますので安心です。また、簡単に給付対象者であるかどうかを調べることができるネットサイトも用意されていますので、そちらのサイトを活用してみてもいいでしょう。

Pocket