B型肝炎訴訟は多くの場合において国との和解が成立して給付金を受給することができるようになります。しかしながら、あくまでも法的な手続きによって国に対しての訴訟を行わなくてはなりませんので、手続きは正確にきちんと行って行くことが必要になります。訴訟を行うことはすべての国民の権利ですので誰もが行うことができますが、法的な内容を調べて訴状を作成することが必要になりますので、実際のところは弁護士さんに代行をお願いしてみてもいいでしょう。

B型肝炎訴訟の場合には実際にB型肝炎に感染していることを医学的に立証することも必要になりますが、この点についても多くの経験を積んだ弁護士であれば、スムーズに書式を完成させることができるようになるはずです。弁護士に仕事を依頼するには当然のことながら費用が必要になりますが、4%は国の方で補てんしてくれますし、医学的な検査に必要な費用も国が負担してくれるようになります。

給付金の受給も弁護士が代行してくれますので、一旦弁護士が給付金を受け取った後に、それを申請者が受け取ることが可能になります。訴訟を起こすと長い時間がかかるのではないかと考えてしまう人もいるかもしれませんが、B型肝炎訴訟の場合には半年程度で給付金の受給が開始するのが一般的と考えておいていいでしょう。

Pocket