B型肝炎はB型肝炎ウイルスの感染によっておこる肝臓の疾患として知られています。血液感染によって発症することが知られていますが、幼少期の集団接種の場合に注射器を連続使用することによって過去においてはB型肝炎を発症してしまうことが起こってしまっていました。更には、そのような理由でB型肝炎を発症してしまった母親から子供にB型肝炎が感染してしまうことも起こってしまっています。そのような事態に対して、国が患者を救済することを決めました。

注射器注射器の連続使用によってB型肝炎に感染したことを証明することが必要ですので、国対しての訴訟が必要になります。しかしながら、国側が注射器の連続使用が原因ではないことを証明することが非常に難しいこともあって、多くの場合に和解が成立して、給付金が支払われることになります。また、現在は、訴訟の処理を短期間で終了するような法整備も行われていますので、短期間で和解に持ち込むことが可能です。6から8か月の間で和解が成立して給付金の支給が開始されます。

しかしながら、訴訟をするには一定の法的な手続きが必要です。法的な手続きはもちろん自分で行ってもいいのですが、スムーズに手続きを進めていくためには、法律の専門家である弁護士に代行を依頼してみるのもお勧めの方法と言えます。また、弁護士費用の4%を国の方で負担してくれる制度も整っています。医学的な検査に必要な費用も国の方で負担してくれます。

Pocket