B型肝炎訴訟と弁護士

B型肝炎訴訟は多くの場合において国との和解が成立して給付金を受給することができるようになります。しかしながら、あくまでも法的な手続きによって国に対しての訴訟を行わなくてはなりませんので、手続きは正確にきちんと行って行くことが必要になります。訴訟を行うことはすべての国民の権利ですので誰もが行うことができますが、法的な内容を調べて訴状を作成することが必要になりますので、実際のところは弁護士さんに代行をお願いしてみてもいいでしょう。

B型肝炎訴訟の場合には実際にB型肝炎に感染していることを医学的に立証することも必要になりますが、この点についても多くの経験を積んだ弁護士であれば、スムーズに書式を完成させることができるようになるはずです。弁護士に仕事を依頼するには当然のことながら費用が必要になりますが、4%は国の方で補てんしてくれますし、医学的な検査に必要な費用も国が負担してくれるようになります。

給付金の受給も弁護士が代行してくれますので、一旦弁護士が給付金を受け取った後に、それを申請者が受け取ることが可能になります。訴訟を起こすと長い時間がかかるのではないかと考えてしまう人もいるかもしれませんが、B型肝炎訴訟の場合には半年程度で給付金の受給が開始するのが一般的と考えておいていいでしょう。

Pocket

B型肝炎の対象者

B型肝炎訴訟に対象者は以下のように規定されています。すなわち、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに持続的に感染された方(この方は一次感染者と呼ばれています)、一時感染者の母親から母子感染によってB型感染ウイルスに自足的に感染された方(この方は二次感染者と呼ばれています)が給付の対象になります。

母子感染一次感染者であることを証明するためには、B型肝炎ウイルスに持続的に感染している、7歳になるまでに集団予防接種を受けた経験がある、集団予防接種の際に注射器の連続使用が行われたこと、母子感染ではないことが必要になります。二次感染者であることを証明するためには、二次感染者の母親が一時感染者の要件を満たしている、二次感染者がB型肝炎に持続的に感染していること、更には母子感染であることを証明することが必要です。

一次感染者、二次感染者である場合には国に対して訴訟を起こすことができます。また、感染者であることを証明するための医学的な検査の費用も国の方で負担してもらえることになります。訴訟について法的な手続きになりますので、法律の専門家である弁護士に代行してもらうことも可能です。弁護士費用の一部は国の方で負担してくれます。

Pocket

B型肝炎の給付金

B型肝炎の給付金の額が患者さんの病状によっても異なってきます。本人あるいは本人が既に亡くなっている場合には、相続人が代理で給付金を受け取ることができます。死亡、肝臓ガン、重度の肝硬変の場合には3600万円が、軽度の肝硬変の場合には2500万円が、慢性のB型肝炎の場合には1250万円が支払われます。無症候性のキャリアの方も600万円が給付されます。発症後既に20年を経過した死亡・肝臓癌、肝硬変の患者さんに対しても支給されます。死亡、肝臓ガン、重度の肝硬変の場合には900万円が、軽度の肝硬変の場合には600万円が支払われます。

弁護士このように患者さんに対しての救済処置が決められているにも関わらず、実際に給付金を受給している方の割合は非常に低い数字となっているという現状があります。自分が給付対象者であるかどうかについて疑問があるような場合には、弁護士さんに相談してみるといいでしょう。弁護士に相談すると費用が掛かるのではないかと心配をする方も多いかと思いますが、多くの弁護士事務所では初回は無料で相談に乗ってもらえることが多くなっていますので安心です。また、簡単に給付対象者であるかどうかを調べることができるネットサイトも用意されていますので、そちらのサイトを活用してみてもいいでしょう。

Pocket

B型肝炎訴訟

B型肝炎はB型肝炎ウイルスの感染によっておこる肝臓の疾患として知られています。血液感染によって発症することが知られていますが、幼少期の集団接種の場合に注射器を連続使用することによって過去においてはB型肝炎を発症してしまうことが起こってしまっていました。更には、そのような理由でB型肝炎を発症してしまった母親から子供にB型肝炎が感染してしまうことも起こってしまっています。そのような事態に対して、国が患者を救済することを決めました。

注射器注射器の連続使用によってB型肝炎に感染したことを証明することが必要ですので、国対しての訴訟が必要になります。しかしながら、国側が注射器の連続使用が原因ではないことを証明することが非常に難しいこともあって、多くの場合に和解が成立して、給付金が支払われることになります。また、現在は、訴訟の処理を短期間で終了するような法整備も行われていますので、短期間で和解に持ち込むことが可能です。6から8か月の間で和解が成立して給付金の支給が開始されます。

しかしながら、訴訟をするには一定の法的な手続きが必要です。法的な手続きはもちろん自分で行ってもいいのですが、スムーズに手続きを進めていくためには、法律の専門家である弁護士に代行を依頼してみるのもお勧めの方法と言えます。また、弁護士費用の4%を国の方で負担してくれる制度も整っています。医学的な検査に必要な費用も国の方で負担してくれます。

Pocket